カムログ!!

音楽好きな一般男性による雑記ブログ

[学生必見!]簡単にできる学割の取り方!

どうもこんにちは、カムラです!

普段旅日記を書いている筆者ですが、今回はちょっと趣向を変えてこんな記事を書きます!

題して、「学割の取り方!」

学生の間しか使えないのに、意外と使わない人が多い学割。

そんな学割の使い方や、注意事項、他の割引との比較をやっていきたいと思います!

 

目次

  • 学割とは?
  • 学割の取り方
  • 学割の注意事項
  • 学割以外の割引との比較

 

・学割とは?

‪学割とは、学生が交通機関を利用する際に特定の手続きをする事で普段よりも2割引の安価で旅券を購入する事ができる、というものです。‬
‪一般的に学割と呼ばれるものは幾つもありますが、今回はJRの学割を参考に書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします!‬
‪JRのような交通機関で利用できる学割には規定があります。‬
‪具体的には、「JRが指定する学校の生徒がJR各社の基準値で、片道101kmを超える区間を乗車する際に運賃を割引してくれるという制度」というものです。‬

 

・学割の取り方!

‪学割を利用するには「学割証」と呼ばれる、学校で発券できる証明書が必要になります。‬
‪これは、指定された学校の発券所で申請のあった学生に対して発行されるもので、乗車券を購入する際に、みどりの窓口に提出することで指定された学校の学生である事を証明し、割引を得ることができます。‬

 

‪これだけの説明では、学割を利用するまでの過程が今ひとつ理解する事が難しいかもしれません。‬


‪現に筆者は学割証の取り方に少し苦労しましたし、何より「101km圏外」という近そうで遠い絶妙な距離感のせいで中々一人旅に利用することができず困り、ここまで利用する事がありませんでし‬た…

 

‪それでは、学割証を利用して、学割を受けるまでの基本的な流れを紹介していきたいと思います!‬

  1. ‪学校の証明書発券機や、学部の事務所などだ学割証の発行を申請します。
  2. ‪学校側がその申請を受けて、学生に(個人情報や、行き先などが)無記入の学割証を発行してくれます。‬
  3. ‪JRのみどりの窓口にて、個人情報や、行き先を記入した学割証と学生証を提出します。‬
  4. ‪みどりの窓口側で承認されると、割引された乗車券を購入できます。‬
  5. ‪学割の乗車券を購入後は、入退場の際に学生証を見せる事で‬利用することができます。

 

‪なお、それぞれの学校によって申請の仕方や、形状形式、受け取り方法は若干異なりますので、詳しい事は、大学や学部のホームページ、学生課の事務所などに問い合わせて確認した方が良さそうです。‬
‪筆者の学校では、学生証をかざすだけで発行できる自動券売機ができたので、大学によっては上記の手順より簡単に学割を得ることができるかもしれませんね!‬

 

・学割を使う際の注意事項!

そんな学割にもいくつかの注意事項があります。

まず、学割乗車券を利用する際には学生証を携帯していなければならないという点です。

乗車中に車掌さんに乗車券と同時に学生証の提示を求められる事がありますので、忘れずに準備しておきましょう!

 

次に、100kmを超えない距離では学割証を使うことができないという点です。

筆者はよく、関東近辺で日帰り旅行をするのですが、大方の場合100kmは超えないので利用できないという憂き目に遭ってきました。

対策として少し先の駅までの切符を買って100kmを超えさせるという方法もありますが、距離が伸びた分運賃は高くなりますので割引分が少しになってしまうので無理してやる必要はないのかなと思います。

 

最後に学割で2割引になるのは運賃だけです。

新幹線に乗る時には、乗車券の他に特急券というものが必要になります。

この時、学割では特急料金として払う特急券分の代金は割引にはなりません!

ですので、全体の新幹線料金が2割引になるわけではなく、総額からおおむね12%〜13%程度の割引になると計算した方がいいでしょう!

 

・学割以外の割引との比較!

それでは、他の移動手段の割引との比較をしていきたいと思います!

今回は比較の基準を決めるために、2月の東京→博多間の移動料金を基準とします。

現在、新幹線以外の移動手段として考えられるのは

・高速バス

・飛行機

・在来線

などを挙げることができます。

 

まず、学割を使った新幹線だと全額で約19000円ほどかかります。

次に、高速バス。安く旅行する時の定番ですね!

そんな高速バスは3月8日現在で9000〜15000円前後となっております。

ただし、夜行バス限定ということだったので22時〜10時間ほどバスに拘束されることになりそうです。

 

3つ目に飛行機を使う方法です。

この時期だと、およそ12000円〜15000円ほどかかります。

ただし、時期や購入時期が近いと値段が跳ね上がってしまうので事前のスケジュール確認が必須となりますので気をつけてください!

 

そして最後は在来線を使う方法。

こちらの方法だと、全額でおよそ14000円ほどかかります。

ただし、在来線ということで時間は大幅にかかり、大凡2日間かかる計算になります。

時間に余裕がある人や、道中の地点も旅として楽しむ人には良いかもしれません。

また、在来線のお得な使い方として最も有名な「青春18きっぷ」を使うと、2日間で12000×2/5=4800円

で済みます。

 

これらを総合すると

値段

高速バス>飛行機(早割限定)>在来線>新幹線(学割)>新幹線(普通)

となりあまりお得に感じないかもしれませんが、

移動中の快適さ

新幹線≒飛行機>在来線>高速バス

購入までの制約(何日前までに買わなくてはいけない)

新幹線≒在来線>高速バス≧飛行機

となることを考慮すると

旅行まであまり時間がない状態で、移動中は快適に過ごしたい場合に、ある程度価格面も安価に済ませたいという願望を実現したい場合に学割はおすすめだと思います!

 

・まとめ!

ここまでをまとめると、

学割とは、学校で発券される学割証を使うことで普段の2割引で乗り物に乗れる学生ならではの割引手段です!

ただし、乗車の際は学生証を携帯する必要がある他、新幹線の場合乗車券分しか割引対象にならないなどの注意事項があるので気をつけないといけません!

他にも移動手段はいくつかありますが、

・ある程度旅行まで時間がなくて

・移動で窮屈な思いをしたくないくて

・それなりにお安く旅行したい

人にはお得な割引手段になっています!

こうしたルールや情報を元に平和で楽しい旅行にしましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

今後も学生時代の経験を活かして皆さんのお役に立てる記事を時々書けたらと思いますのでお楽しみに!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村